殺人鬼が残した恐るべきメッセージ5選

異常な殺人を行っていた犯人たちによる不気味なメッセージの数々…。

残忍な犯行を繰り返す殺人犯ほど、犯行以外の部分で自らの異常な側面を覗かせることが少なくありません。

その一例が、犯行現場などに残されたメッセージです。

言葉から露骨に狂気が伝わってくることもあれば、言葉だけでは隠された意味に気づけないこともあります。

【スポンサーリンク】

1 刃物に書かれた殺人予告

マシェティ

2012年4月7日、バハマ国のとあるアパートで、メッタ斬りにされた女性の死体が発見されました。

殺されたのは、ネリー・ブラウン・コックス(42)。

殺害現場であるキッチンは、辺り一面血の海です。

死体のそばには、凶器として使用されたマチェーテ(大振りの刃物)が。

そして恐ろしいのは、血塗られたマチェーテの刃の表面に、次のような内容のメッセージが黒のサインペンで書かれていたこと。

浮気した奴はこうなる

さらに、反対側には、

次はお前だ、ジョージ・ソーヤー

という殺人予告。

何やら謎めいた連続殺人犯の犯行を予感させますが、犯人は意外なほどあっさり捕まりました。

というのも、犯行現場のすぐそばで、犯人は一人で座っていたからです。

逮捕されたのは、プリンス・ヘップバーン(50)という男。

彼は、自分の手首を切って自殺を図っていました。

2 リップスティック・キラー

口紅

1945年6月5日、アメリカのシカゴで、ジョゼフィーン・ロス(43)という女性の死体が、自宅のアパートで発見されます。

死体の状況から見て、犯人と揉み合いになった末に刺された様子でした。

事件解決の手掛かりが無いまま、同じ年の12月10日、今度はフランシス・ブラウンという女性が、やはり自宅のアパートにて殺されているのが発見されます。

何度も刺された死体の有様も悲惨でしたが、何より不気味だったのは、そのアパートの部屋の壁に次のようなメッセージが書かれていたこと。

これ以上 人を殺す前に

頼むから 誰か

俺を 捕まえてくれ

自分を コントロールできない

口紅を使って書かれていたことから、この殺人犯は「リップスティック・キラー」と呼ばれるようになりました。

依然として犯人の正体が分からぬまま、約一月後の1月7日、スザンヌ・デグナンという6歳の女の子が行方不明になります。

彼女の部屋には2万ドルの身代金を要求するメモが置かれていました。

その数日後、下水道でスザンヌのバラバラ死体を警察が発見。

下水

この陰惨な事件の発生により、リップスティック・キラーの逮捕を望む人々の声はますます大きくなりました。

そして、同年6月26日、ウィリアム・ハイレンズという17歳の少年が強盗容疑で逮捕されたことで、捜査の流れが大きく変わります。

スザンヌの事件も含めた上記3件の殺人事件について、彼は自白したのです。

裁判で彼は終身刑を言い渡されましたが、しかしこの事件にはどこか釈然としない部分が残りました。

男

取り調べの中でハイレンズは、犯行に及んだのは自分の中の別人格である「ジョージ」だと言っていたのです。

さらにその後、自白を撤回し、服役している間もずっと無実を訴えていました。

ハイレンズは人生の大半を塀の中で過ごし、2012年に83歳で病死しています。

3 11歳のサイコパス

子供

子供でもサイコパスたりうるという事実を世に知らしめたのが、メアリー・ベルです。

1968年5月、11歳の誕生日を迎える前日、廃屋の中で彼女は4歳の男の子を絞殺します。

その数日後、友人のノーマと共に近所の児童養護施設に侵入し、そこに数枚のメモを残しました。

その中の1枚には、小学生が書いたとは思えない次のような内容の物も。

戻って来るために私は殺す

当時、警察はこれが何を意味しているのか分からず、単なるイタズラとして処理しました。

メアリー本人の話によると、「戻ってくる」というのは、児童養護施設に戻ることを意味しているとか。

では、施設に戻ったらまた殺人を繰り返すつもりだったのかというと、そうではないようです。

結局、このメッセージの真の意味は、書いた本人にしか分かりません。

この事件から約2ヶ月後、メアリーとノーマは3歳の男の子を誘拐した上で殺害。

メアリーは二人を殺害した罪で有罪となり、23歳の時に服役を終えて出所しました。

今年でちょうど60歳となる彼女は、現在は名前を変えて生活しています。

【スポンサーリンク】

4 400人を殺す「母親」

アメリア

ウィキペディアより)

19世紀後半のヴィクトリア時代に、イギリスで子供ばかりを殺害していたアメリア・ダイアーという女がいます。

他人の子を養子として引き取っては、その子たちを殺害していたのです。

当時は、未婚の女性に子供が生まれた場合、一人で育てていくのは非常に困難だったので、報酬を払って子育てを代理してもらうことがよくありました。

そういう女性たちに向けてダイアーは新聞広告を出していたのですが、しかし彼女の場合は「代理」ではなく、あくまで養子として引き取るだけ。

その理由は、前払いで金をもらってから子供を引き取り、後はその子を殺害するからです。

赤ん坊

死体は全て袋に入れて処分していました。

エヴェリーン・マーモン(25)という女性も、ダイアーの餌食になった一人です。

彼女は、生後2ヶ月の娘ドリスを、やむを得ずダイアーに託す決意をしました。

その際、彼女はダイアーと手紙でやり取りをしており、その際に受け取った手紙の中には次のような文章が。

大切なお子様への務めをしっかり果たしますのでご安心ください。

一人の母親として、力の及ぶ限りのことを致します。

その後、ダイアーは金をもらった上でドリスを引き取り、直ぐに殺害しました。

それを考えると、このメッセージには戦慄を覚えます。

ダイアーは、約20年にわたって400人以上もの子供を殺害していたと見られていますが、袋に入った子供の死体がテムズ川にて発見されたことで、1896年4月4日、遂に逮捕されました。

後に彼女は絞首刑にされています。

5 アマゾン・レビュー・キラー

アマゾン

殺人犯が残すメッセージを最初に知ることになるのは、通常は、死体の発見者であったり警察であったりするわけです。

しかし、もっと人の目につく場所に残されていることもあります。

1971年に米国フロリダ州で生まれたトッド・コールへップは、幼い頃から気性が荒く、一旦キレると手が付けられない子供でした。

15歳のとき、彼は、14歳の少女を誘拐して性的暴行を加えた容疑で逮捕されます。

そして、裁判で懲役15年を食らい、2001年に30歳で出所。

土地

その後は不動産業で成功を収め、広大な土地を手に入れました。

そのまま真面目に生きていれば、悠々自適の生活を送れたでしょうが、根っからの気の短さが災いすることとなったのです。

バイク

2003年11月、バイク屋の店員の態度が気に入らなかったことから、コールへップはその店の従業員4人を射殺

2016年8月、ケイラ・ブラウン(30)とその恋人のチャールズ・カーヴァー(32)が、清掃作業のためにコールへップ宅にやって来ますが、チャールズの口の利き方が生意気だという理由で彼を射殺

ケイラの方は、コンテナの中に監禁していました。

コンテナ

しかし、ケイラとチャールズのスマホの通信記録をたどることで、警察はケイラが監禁されている場所を突き止め、救助に成功。

それと同時にコールへップは逮捕されました。

この殺人犯の恐ろしいのは、犯行に使用したと思われる道具について、そのレビューをAmazonに投稿していたこと。

例えば、チャールズの死体を隠すのに使った小型シャベルのレビューでは…。

シャベル

★★★★★

死体を隠さなきゃならないが、大きいシャベルは家に置いてきてしまった。

そんなとき、コレが車に一つあると便利。

次は、小型ナイフのレビュー。

ナイフ

★★★★☆

まだ誰かを刺したことは無いが…いつか必ずやってみたい

その時には、こういった高品質の道具が必要だ…。

最後は、ライフル用グリップのレビュー。

ライフル

★★★★★

俺の魂よりも黒い。値段も文句なし。

逮捕後の捜査により、コールへップはさらに二人を殺害していたことが発覚。

この男の犠牲になったのは合計7人です。

裁判で、コールへップには終身刑が宣告されています。

【スポンサーリンク】


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ