不気味な電話が絡んだ未解決事件6選

説明不能な謎の電話がかかってきた奇妙な事件をご紹介します。

難事件において電話は事の真相を解明するための有力な手掛かりとなることがあります。

しかし一方で、電話の内容が事件をより謎めいたものへと変貌させることもあるのです。

そういった電話は、事件や事故の関係者にとっては時に不気味なものと感じられることもあるでしょう。

【スポンサーリンク】

1 幽霊からの電話

列車

2008年9月12日、ロス・アンゼルスのチャッツワースで普通列車と貨物列車が正面衝突する事故が発生。

25人が死亡135人が負傷したこの事故の原因は、普通列車の運転士が業務中にメールを打っていたという人為的なものでした。

犠牲者の一人、チャールズ・ペックという男性は、転職してフィアンセが住むカリフォルニアに移住しようと考え、航空会社の面接を受けるためにこの列車に乗っていたのでした。

チャールズは列車の衝突箇所の至近距離にいたことから、事故が発生したのとほぼ同時に亡くなったと考えられたのですが、一つ奇妙な謎が残りました。

携帯

事故の発生直後から、夜通しで事故現場の捜索が行われ彼の遺体が発見されるまでの間、チャールズの携帯から彼の息子フィアンセにそれぞれ電話がかけられていたのです。

どの電話も、数秒間の無言が続いた後、プツリと切れてしまったとか。

既に息絶えていたはずのチャールズの携帯から電話がかけられていた謎は解明されていません。

事故のことを知る人の中には、この電話はチャールズの霊魂が親しい人に最後の別れを告げるためだったのではないかという人もいるようです。

2 海に消えた仲間

海

1990年4月11日、ネイサン・ニースミスは、弟のビリー・ジョー、そして従兄弟と友人の4人で漁のために「ケイシー・ニコル号」に乗ってジョージア州マッキントッシュを出港しました。

しかしその翌日、サウスカロライナの海岸沖で船のメンテナンスをしている最中に船が転覆

4人は船を諦め、筏に乗ってその場所を離れました。

その後、ネイサンが助けを求めるべく木製の箱に乗り込んで筏を後にし、残った3人は彼の帰りを待つことに。

5日後、ネイサンは無事に救助され筏に戻ってきたものの、そこには3人の姿は無く、発見できたのは寝袋救命胴衣のみでした。

単純に考えて、彼らは溺死してしまったという可能性もありましたが、しかしその6週間後から翌年にかけて奇妙な電話がかかってきたのです。

電話

電話の回数は合計7回

4回はネイサンの姉に、3回はケイシー・ニコル号のオーナーにかかってきました。

電話の主は、自分がかけた相手の名前や電話番号、そして「ビリー・ジョー」という名前を口にしていたとか。

最後にかかってきた電話では、3人を家に送り返すといった内容の発言もあったそうです。

ところが、それ以来電話は途絶え、3人の消息も分からないまま。

電話の主が外国語訛りだったことから、3人は外国で囚われの身になっているのではないかと家族は考えているようです。

3 電話中に消えた大学生

溝

2008年5月14日、ミネソタ州で夜中に車を運転していた19歳の大学生、ブランドン・スワンソンはハンドル操作を誤って溝の中へと突っ込みました

車が使い物にならなくなり、ブランドンは両親に電話をかけて現在地を告げ、迎えに来てくれるように頼んだのです。

しかし、彼の両親が息子の説明に従って車を走らせたものの、ブランドンの車は一向に発見できず

改めて両親がブランドンに電話をかけると、近くに民家の明かりが見えるのでその方角に向かって歩いているとの返事。

民家

そして次の瞬間、「クソッ!」という言葉とともに電話が切れたのです。

それが、両親が聞いた息子の最後の言葉となりました。

その後、数百人のボランティアが彼の捜索に協力しましたが、発見できたのは彼の車のみ。

ブランドンが自らの意思で失踪するような私生活上のトラブルは特に無く、彼が突然消えた原因は何なのか、両親との電話中に最後に発した言葉が何を意味するのかは現在でも謎のままです。

【スポンサーリンク】

4 終わらないイタズラ電話

モロッコ

レバノン出身のバシール・クチャジは1970年代にフィラデルフィアに移住し、モロッコ料理のレストランを開店しました。

店の経営は順調そのもので、1983年にはワシントンに2号店をオープン

そしてこの時から彼にとっての「地獄」が始まりました。

日に数回、多い時は数十回、イタズラ電話が店にかかってくるようになったのです。

鬱

電話の向こうから聞こえてくるのは不気味な笑い声

時には幼い女の子の声を真似ることもあったとか。

バシール本人だけでなく、彼の恋人や店の従業員までもがターゲットにされたこのイタズラ電話は、実に9年間も続きました。

彼は遂に精神的に参ってしまい、病院通いを余儀なくされることに。

犯人が明らかになることはありませんでしたが、実はバシールは過去に「パレスチナ解放機構」によってスパイと間違われて誘拐されるという珍しい体験をしており、このことと何らかの関係があるのではないかという見方もあるようです。

5 一本の電話で死刑になった男

チェス

1931年、ロンドンで保険の外交員をしていたウィリアム・ウォレスは、ある日趣味のチェスを楽しむために行き付けのチェス・クラブを訪れました。

そこで彼は、電話のメッセージを一件預かっていると従業員から告げられ、その内容を確認したところ、保険の契約に関するものでした。

翌日の夜、電話の主が指示した住所へと向かったものの、その住所は存在せず

仕方なくそのまま帰宅すると、そこには撲殺された妻の死体が。

殺人

名探偵でなくともその電話の主が怪しいのは分かりますが、警察はウォレスの話を全てアリバイ作りのためのでっち上げであると考え、彼を逮捕したのです。

おまけに、後の裁判でウォレスは妻殺しの罪で死刑に。

しかし、電話の声がウォレスのものとは明らかに違っていたことや、時間的にウォレスが殺害を実行するのは不可能であることが判明し、後に逆転無罪となりました。

6 ケネディ暗殺の予言

時計

当サイトの記事でもケネディ大統領暗殺事件は何度か取り上げていますが、この事件は本当に多くの謎を含んでいます。

1963年11月22日午前10時、カリフォルニア州オックスナードの電話交換手が一本の電話を受けました。

聞こえてきたのは中年女性の声

そして彼女の第一声が…

10分後に大統領が死ぬ

しかし、電話をつないだまま10分が経過しても何も起きず

すると今度は、

10:30に大統領が死ぬ

という言葉が。

さらに彼女は、いくつか暗号のような言葉を続けました。

正義

最高裁判所

建物が炎に包まれる

この電話は10:25に切れました。

電話交換手はこれを単なるイタズラだと考えたことでしょう。

というのも、この時ケネディ大統領はテキサス州ダラスにいたからです。

しかしこの後、大統領暗殺は現実のものとなります。

パレード中だったケネディ大統領が殺されたのが、中部標準時間で午後12:30

これは、カリフォルニアでは午前10:30なのです。

これだけでも驚きですが、本当に不気味なのはここからです

ケネディ大統領

大統領を暗殺したとされるリー・ハーヴェイ・オズワルドは、ディーリー・プラザ区で大統領の乗ったリムジンを待ち構えていたのですが、当初の予定では大統領は10:30よりも前にこの場所に到着するはずでした。

ところが、ケネディ大統領が沿道の人たちと握手を交わしていたため、予定よりも遅れていたのです。

電話の女はカリフォルニアにいながらどうやってこの事実を知ったのか…。

結局、FBIの捜査でもこの電話の主を突き止めることは出来ませんでした。

不確定要素も含まれていた大統領暗殺の時刻を正確に予言できた理由はいまだに謎に包まれています。

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ