彼の世から生き返った人々5選

あちらの世界へと旅立った人が、こちらの世界へひょっこり舞い戻って来てしまったという珍しい事例をご紹介します。

1 死刑を執行されて復活

ロープ

1650年、イギリスで家政婦をしていたアン・グリーン(22)は、自分の産んだ赤ん坊を殺した罪により、死刑を宣告されました。

しかし、この事件は実際には「死産」であり、彼女に全く罪は無かったのです。

にも関わらず、同年12月14日に予定通り絞首刑が執行されました

死亡しているのが確認された後、グリーンの死体はオックスフォード大学に移送され、医学部の授業で解剖に使用するため保管されることに。

翌日、解剖を始めようとした瞬間に医師が奇妙なことに気づきます。

その「死体」には、わずかに脈拍があったのです。

その後、様々な治療行為を施したところ、彼女は完全に復活しました。

この奇跡的な出来事は、グリーンが無実であることから神が彼女を救ったのだと人々に受け取られ、その結果アン・グリーンは釈放されることとなったのです。

【スポンサーリンク】

2 生命維持装置を止めて復活

脈拍

2008年5月17日、米国ヴァージニア州チャールストンで、ヴァル・トーマスという59歳の女性が自宅の寝室で心臓発作に襲われて倒れました。

家族が発見した時には、すでに肌の色が灰色がかっていて明らかに危険な状態でした。

すぐに病院に搬送されましたが、約17時間が経過しても彼女の脳は活動を停止したまま

これにより、医師によって「脳死」であることが確認されました。

その後、家族で話し合った末、臓器を提供するために生命維持装置を停止することに。

病室

ところが、医師がチューブを取り外し始めると、トーマスは腕を動かし寝ぼけた様子で看護師に語りかけたのです。

この時の医師たちの驚きようは想像に難くないでしょう。

何故このようなことが起きたのかは明らかになっていません。

彼女は健康上何の問題も無いことが医学的に証明され、正に死の淵から生還を遂げたわけですが、このことは脳死判定臓器提供に関する問題について後に大きな議論を呼ぶこととなりました。

3 埋められる直前に復活

墓地

2011年6月、ロシアのカザンに住むファギーリュ・ムカメツァノフという49歳の女性が心臓発作を起こし、その後病院で死亡が確認されました。

後日、彼女の葬儀が行われ、遺体が収められた棺が今まさに地中に埋められようとしたその時、バカッと棺のふたが開いたかと思うと、ファギーリュがむっくりと起き上がったのです。

実は彼女、医師の誤診によって、生きているのに死んだことにされていました。

棺が完全に埋められていたら本当に死んでいたところですが、彼女は埋められる直前に目が覚めたのです。

墓地

これでハッピーエンドかと思いきや、そうはいきませんでした。

彼女が周りを見渡すと、そこには涙を流す親戚一同

そして何故か棺桶にすっぽり収まっている自分

生き埋めにされる寸前だったことに気づいた彼女はパニックに陥って叫び声を上げ、それが心臓発作を引き起こしてしまいます。

すぐに病院に運ばれたものの、約12分後に命を引き取りました。

その後、彼女の夫は病院を相手取って訴訟を起こしています。

【スポンサーリンク】

4 水が欲しくて復活

水

ブラジル生まれのケルヴィン・サントスは、2歳の時に気管支肺炎により呼吸が停止し、それが原因で亡くなりました。

彼の遺体は密閉された袋に入れられ、少なくとも3時間はそのままの状態に。

その後、遺体は自宅に運ばれ、ふたが開いた棺に収められて通夜が行われました。

翌日、葬儀が始まるまであと1時間という時に、棺から突然ケルヴィンが起き上がり、そばにいた父親に向かってこう言ったのです。

ねえ、すこしお水がほしい

この直後、彼はまた棺の中で横になりました。

その場にいた全員が驚いて棺に駆け寄り、奇跡が起きたのかと期待したものの、ケルヴィンは微動だにしなくなったのです。

その後、病院で「2度目」の死亡が確認され、今回ばかりは復活することはありませんでした。

5 娘の一言で復活

病院

イングランド南部バークシャーのレディングに住むタスリーム・ラフィークは、52歳の時に心臓発作を起こして呼吸が停止し、病院に運ばれました。

家族が不安気な表情で待つ間、手術室で約45分間心肺蘇生が試みられましたが、結果的に医師からは死亡が告げられます。

ラフィークを家族が取り囲み、最後の別れを告げようとした際、看護師から一つ注意がありました。

アドレナリンが注射されているため、彼女の体は部分的に動くことがあるとのこと。

それから約2時間、確かに彼女の体は時々思い出したように動き、そのことが反って家族に希望を抱かせることになりました。

そして、目の前にいる母親が死んでいるなどとは到底信じられないでいた娘のシャバーナが、こう語りかけます。

お母さん、私が何か怒らせるようなことをしたなら言ってよ

すると、

怒るようなこと何かしたの?

という返事が…。

翌日、ラフィークは家族と冗談を言い合うまでに回復し、退院を許可されました。

医師たちにとって彼女の復活は正に奇跡そのもので、何が原因でここまで驚異的に回復したのかは説明できないのだそうです。

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ