「Nintendo NX」に関する5つのウワサ

任天堂がWiiUの次にぶちかましてくる予定のゲーム機、「Nintendo NX」に関する5つのウワサです。

【スポンサーリンク】

昨年から今年にかけて、WiiUには明らかに追い風が吹いています。

マリイカート8」や「ベヨネッタ2」、「大乱闘スマッシュブラザーズ」「スプラトゥーン」などのヒット作に加え、年末にはファン待望の「スターフォックス零」も控えており(追記:2016年に延期)、ゲーム機本体を買ったはいいが、遊びたいソフトが無い、などといった事態はまずありえないでしょう。

とはいえ、PS4に比べると、販売台数は大きく水を空けられているのが現実。

また、「バットマン アーカムナイト」が、WiiUのパワー不足が原因で移植を見送られるなど、ハードの性能面で物足りないという印象も否めません。

そんなWiiUの後継機として現在開発中のゲーム機が、

Nintendo NX(仮名)

です。

今回は、謎の多いこのゲーム機のウワサを集めてみました。

#1  あっと驚く仕掛が用意されている?

デジタル

Wiiではプレイヤーの手の動きを感知する「Wiiリモコン」、WiiUでは何かの悪い冗談かと思ってしまうほどのデカい「ゲームパッド」、といった具合に、任天堂は新しいハードを出す度にユーザーにサプライズを用意していました。

そして、このNintendo NXにもやはりサプライズが用意されているそうです。この点については任天堂からの情報なので、「ウワサ」ではありません。

しかし、現段階ではそれが一体どんなサプライズなのかは明らかにはされていません。

個人的には、コントローラ関係のサプライズはもう無いのではないかと思います。

というのも、Wiiリモコンから進化するとすれば、それはもう「キネクト」になってしまいますが、キネクトは既に満身創痍の状態です。

さらに、WiiUゲームパッドから進化するとなると、もうゲーム機本体を持ちながらゲームをするしか無いように思いますが、それはさすがに疲れます。

となると、次に来るのは一体何なのか…。

ひょっとしたら、「バーチャル リアリティ」なのかも…。

#2  携帯ゲーム機と同時発売?

アンドロイド

Nintendo NXは、一つのゲーム機の名称というよりは、一つの「プラットフォーム」なのではないかというウワサがあります。

つまり、AndroidiOSのように、Nintendo NXというプラットフォームで作られたゲームであれば、それを搭載したどのゲーム機でも動く、ということです。

これが正しいとすれば、任天堂はおそらく据置型ゲーム機携帯ゲーム機同時発売する可能性が高いとみるべきでしょう。

さらに、据置型ゲーム機用に開発したゲームであっても、わずかな手間だけで携帯型ゲーム機に移植できるわけですから、Nintendo NX専用のゲームは、常に2つのハードで同時発売されることになりそうです。

ただし、このウワサはやや信憑性に乏しいかもしれません。

というのも、今年のE3で、Nintendo of America のレジー社長が、Nintendo NXは携帯ゲーム機なのかと質問された際、

携帯ゲーム機ではなく、据置型だ

と答えているからです。

【スポンサーリンク】

#3  パワーでは勝負しない?

プロセッサ

任天堂がライバル機に勝とうとする意識が前面に出たハードが「ゲームキューブ」です。

当時としては十分にハイスペックなマシンだったのですが、そのゲームキューブも決して成功したハードとは呼べない結果に終わりました。

それ以来、任天堂はマシンのスペックでは勝負しない立場を貫いています。

そして、Nintendo NXにおいてもその方針は変わらないという見方が強いのです。ちなみに、これは「@Doctor_Cupcakes」という情報通のツイッターユーザーからリークされた話に基づいています。

そうなると、任天堂は先述の「サプライズ」に関する部分や、魅力的なソフトのラインナップで勝負するということになるでしょう。

また、任天堂はモバイルゲーム市場にも力を入れていますから、Nintendo NXでは、「ARMアーキテクチャ」のCPU(主にタブレット端末や携帯ゲーム機に採用されているCPU)を、メジャーな据置型ゲーム機で初めて採用するのではないかとも言われています。

#4  海外のユーザー向けのデザインになる?

グリッド

これまでの任天堂のハードのデザインを振り返ってみると、「スタイリッシュ」というよりは、「機能面」を最優先した外観となっていました。

言い方を変えれば、日本の住宅事情を考慮した、日本人向けのハード、と言えるかもしれません。

しかし、Nintendo NXではこの点が大きく変わる可能性があるのです。

というのも、Wii及びWiiUをデザインした宮本茂さんは、Nintendo NXの開発に直接には関わっておらず、代わりにアメリカ人のスタッフが参加しているのです。

このことから、Nintendo NXは、海外のユーザーを強く意識した、これまでの路線とは大きく異なるデザインになる可能性があると見られています。

#5  発売は来年の冬?

クリスマス

ある情報筋によれば、任天堂は来年の5~6月までにはNintendo NXの製造を開始する予定でいるそうです。

それが本当なら、発売は早くて来年の7~8月ということになりそうですが…。

しかし、任天堂は、2016年になるまでは、Nintendo NX関連の情報は一切出さないと明言しています。

そうなると、ハードの発表から発売までがわずか数ヶ月しかないので、これはあまり現実的ではありません。

よって、おそらく発売は来年の秋、あるいはクリスマスシーズンになるのではないかと見られています。


というわけで、現時点で集められたNintendo NXに関する情報をご紹介しました。

任天堂は以前から、

任天堂が出そうとするゲームは、任天堂のハードでしか実現できない

という考えを固持しています。

確かに、来月発売予定の「スーパーマリオ メーカー」などは、WiiUのゲームパッドを使うのが最適のゲームと言えるかもしれません。

そういう意味では、他社のゲーム機など気にせず、独自路線でハードを作り続けるのも、一概に悪いとは言えません。

ただ、任天堂の据置型ゲーム機は、事実上「任天堂のゲーム専用機」になりつつあるような気がしてなりません。

その辺りの不安を払拭してくれるだけのポテンシャルを、Nintendo NXが持っていればいいんですが…。

【スポンサーリンク】


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ