ポケモンの知られざる真実5選

多くの子供に支持されるゲーム、ポケモン

可愛いモンスターがてんこ盛りで息の長いタイトルだが、子供にはあまり知られたくない事実があるのをご存じだろうか。

【スポンサーリンク】

1 アメリカで『Pokemon』と表記される理由

ポケット

ポケモンは、日本のみならず世界中にファンが存在する。

欧米では『Pokemon』の名で親しまれ、TVのアニメシリーズも放送されている。

しかし、よく考えてみると、もともと『Pocket Monster』という英語のタイトルなのだから、そのままで変更の必要は無かったのではないかとも思える。

実は、ここには英語圏の人にしか分からないある事情があったのだ。

その事情とは、「pocket monster」という言葉は場合によっては「男性器」を連想させることがあるというもの。よって、子供向けのゲームやアニメのタイトルとしては相応しくないとの配慮から、『Pokemon』に変更となったそうである。

2 ポケモンは暴力的?

punch-316605_640

アメリカで放送されているポケモンのアニメは、日本で製作された映像をそのまま使っているわけではない。

暴力性が強いと判断されたシーンは可能な限りカットされてから放送されるのである。アメリカは日本よりも子供向けのコンテンツに関して暴力的・性的描写の度合いにかなり敏感である。

日本ではさほど問題視されないような戦闘シーンであっても、向こうではNGという場合も珍しくないようだ。

3 ポケモンは人種差別的?

細目

アニメ版のポケモンに登場する、あるメインキャラクターの目が細すぎる点が人種差別的であると指摘されたことがあった。

そのキャラクターを登場させないようにする選択肢も検討されたようだが、結局そこまで神経質にならずとも良いだろうという判断がなされ、特に変更は無かったようである。

4 ポケモンが癌を引き起こす!

ガン細胞

じつはこれ、アメリカで2005年に新聞に掲載された記事の見出しなのだ。

一体なぜこんな怖いタイトルがつけられたのかというと、新たに発見されたガンを引き起こす遺伝子に「pokemon」という名前が付けられたためなのである。

どういう意図でこんな名前をつけたのかは不明だが、Nintendo of Americaがこの件について抗議を行った結果、この遺伝子の名前は変更となった。

5 ポケモンの都市伝説

月夜のホラー

1996年に初代ポケット・モンスターが発売された直後に、少なくとも200人の子供が自殺したとされる「ラベンダータウン・シンドローム」という奇妙な都市伝説がある。

ゲームの中に存在する「ラベンダータウン」という、モンスターの墓場のような場所で流れるBGMが、子供にしか聞き取れない高い周波数の音を含んでおり、これが影響したのではないかというウワサが広まったのだ。

また、そのBGMの音程を視覚的にグラフ化してみると、不気味な幽霊のような形が浮かび上がるという話まで生まれ、YouTubeにもそれを検証する動画が複数投稿されている。

【スポンサーリンク】


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ