もっと奇妙なウェブサイト7選

世にも奇妙なウェブサイト7選」の続編です。

無数に存在するウェブサイトの中には、「一体何でこんなサイト作ったの?」と言いたくなるようなものがけっこうあります。

本当におバカなものから、それなりに実用性のあるものまでさまざま。

そんな、一風変わったウェブサイトの数々をご紹介します。

【スポンサーリンク】

1 世界中の飛行機が気になる!

飛行機

flightradar24.com(スマホ対応)

飛行機が好きな人にはたまらないサイト。

今現在、世界中のあらゆる地域を飛んでいる、あらゆる飛行機の情報を確認できます。

飛行機のアイコンをクリックすると、その機体の詳細や、それがどこから飛び立ってどこへ向かっているのかも一目瞭然。

それが分かったからどうなんだと言われればそれまでですが、だからこそ、「奇妙なサイト」の資格は十分と言えるでしょう。

2 叫びたいのに叫べないときに…

口

nooooooooooooooo.com

学校や職場で感情を爆発させて、思いっきり叫びたいときは誰にでもあると思います。

そんな時、代わりに叫んでくれるのがこのサイト。

しかも、叫んでくれるのはあの「ダースベーダー」です。

見落としようのないくらいデカい青のボタンをクリックすると、何度でも

      ゥ!!

と叫んでくれるのです。

ちなみに、アンドロイド端末をお持ちであれば、専用のアプリも利用可能。いつでも好きなだけ叫んでもらえます。

3 忍耐は美徳?

砂時計

patience-is-a-virtue.org(スマホ対応)

ウェブサイトを閲覧するときでも、ゲームをするときでも、

ローディング画面

で待たされるのはある程度避けられません。

しかし、そのローディング画面が意図的に、ユーザーの「忍耐力」を試しているとしたらどうでしょう。

これはそういうサイトです。

サイトを訪れると、

Loading, please wait

というお決まりの文言が表示されるのですが、なかなかローディングが完了しません。

待っている間は何も変化が無いのかというとそうではなく、画面中央のメッセージが一定時間ごとに変わっていくのです。

しかし、その内容が…

予定より時間がかかっています。お待ちください

お待ちいただき感謝します

本当にありがとうございます

あともう少しです

あのー…

今日の調子はどうです?

まだ、そこにいます?

他に何かすること無いの?

などといった具合に、徐々にこちらの神経を逆撫でするようなものになっていくのです。

ある意味、真の忍耐力が試されるサイトです。

4 今日ってクリスマスだっけ?

クリスマス

isitchristmas.com(スマホ対応)

今日って何曜日だっけ?

という質問を友人にしても、何の問題も無いでしょうが、

今日ってクリスマスだっけ?

という質問を(特にこの暑い時期に)したら、間違いなく引かれてしまうでしょう。

しかし、中には今日がクリスマスなのかどうかをどうしても確認したい人がいるかもしれません。

そういう方は、このサイトを訪れてみましょう。

火を見るよりも明らかな結論を、かなり大きめの文字で教えてくれます。

【スポンサーリンク】

5 宇宙船地球号?

人間

7BillionWorld.com

地球の人口は約70億と言われていますが、その事実を視覚的に実感することは普通は出来ません。

しかし、それを可能にしてくれるのがこのサイト。

アクセスすると、70億という膨大な数の人(の形をしたキャラクター)が「1つのページ」に表示されるのです。

黄色はアジア、黒色はアフリカ、赤色はアメリカといった具合に地域によって色分けもされています。

このサイトを見たからといって何かの役に立つとは思えませんが、自分が「宇宙船地球号」の一員であるという感覚を味わえる…かも知れません。

6 何で今日晴れてるんだよ!

雨

rainymood.com(スマホ対応)

カラッと晴れた雲一つ無い天気は気持ちが良いものですが、

雨の方がいい。絶対雨がいい。雨降れよ、雨!

という人もいるかもしれません。

あるいは、今日だけは特に「雨の気分」なんだという場合もあるでしょう。

そういう方にピッタリなのがこのサイト。

窓ガラスに雨が当たる映像とともに、雨音を心ゆくまで聞き続けることができます。

雨が降ってる日の方が仕事がはかどるという方であれば、BGM代わりに使うのもいいかも。

7 あの人の睡眠時間帯が気になる!

時計1

sleepingtime.org(スマホ対応)

他人の睡眠時間帯が気になって眠れないという人の悩みを解消してくれるサイト。

相手のツイッターのユーザー名を入力すれば、その人のおおよその睡眠時間帯を割り出してくれるのです(ツイッターとのアプリ連携が必要)。

原理はとても単純で、その人の過去1000件のツイート情報を取得し、一日の中で最もツイートが少ない時間帯から、寝ている時間帯を予測しているだけです。

しかし、利用者の評判は上々のようで、簡単な手法ながら、かなりの精度で当てられるのだとか。

ちなみに、今しがたこのサイトを使って

ビル・ゲイツ

の睡眠時間を調べてみたら、午後9時就寝、午前4時起床となっていました。

早寝早起きで、7時間睡眠という、睡眠のお手本のような感じですね。

やはり頂点に立つ人は違いますな…。


というわけで、「奇妙なサイト」の第2弾でした。

色々と変わったサイトが存在するものですね。まあ、下らないといえば下らないものもありますけど(クリスマスのやつとか…)、でも発想自体はなかなか面白いと思います。

少なくとも自分では思いつきそうにありません…。

【スポンサーリンク】


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ