「リムるならフォローするな」のワナ

ツイッターやインスタグラムで嫌われる、「リムるならフォローするな」について考えてみました。

ネット上のマナーに関してときどき議論の的になるのが、ツイッターなどでの「リムる」という行為です。

これは「リムーブ(remove)する」の略で、要するにフォローを解除する行為のことを指します。

この単純な行為がマナー違反だとみなされる場合があるのです。

【スポンサーリンク】

2種類の「フォロー解除」

ツイッター

海外では、

Don’t follow to unfollow.

などと表現され、日本でも

フォロー解除するならフォローするな(リムるならフォローするな)

などと言われるのですが、こういう態度をとっている人はとかく嫌われがちです。

自分のルールを勝手に押し付けているとか、自己中心的で身勝手極まりないと非難されたりするわけです。

しかし、注意しなくてはならないのは「フォロー解除」には大きく分けて2種類あるということ。

その2つがどこで分かれるのかというと、フォローした時点でフォロー解除を決めていたかどうかという点です。

自然なフォロー解除

ツイッター

ある人のツイートに興味をもってフォローしたものの、しばらくして自分には合わないと感じたり、ツイートされている話題そのものに興味が無くなってしまった場合にフォロー解除するのはごく自然なことでしょう。

こういう場合に「一旦フォローしたのだから、フォロー解除するな」というのは余りにも横暴です。

誰だってその人のツイートに興味が無くなれば、さっさとフォローを解除するはずです。

計画的なフォロー解除

ゲロツイート

一方、相手からフォローバックされたら遅かれ早かれフォロー解除するつもりで誰かをフォローする場合、つまり、フォローする時点でフォロー解除する意思のある場合少々タチが悪いと言えるかもしれません。

こういう人は、自分のフォロー数に対するフォロワー数の比率を増やすことで、セレブリティーと同じようなステータスを得たいだけなのかもしれません。

当然ながら、彼らは自分がフォローした相手のツイートなどには微塵も興味がありません。

むしろ興味があるのは自分自身だけです。

とすれば、彼らに対して「リムるならフォローするな」と言うのは、それほど身勝手な態度だとは思えません。

どちらかといえば、少しでも多くのフォロワー数を獲得するという目的のために、他人を巻き込んでいる彼らの方が「身勝手」だというべきでしょう。

【スポンサーリンク】

「リムるならフォローするな」は非難されるべきか

ソーシャル

 

そもそも、最近では著名人をフォローする場合でもない限り、「フォロー」という行為はそれほど重要な意味を持たなくなっています。

著名人以外の一般人に対して、本当に相手のツイートに興味が湧いてその人をフォローする場合はむしろ少ないのではないでしょうか。

誰かをフォローするのは、結局自分のツイートを見て欲しいから自分をフォローしてほしいから、という場合の方が多いでしょう。

だから、相互フォローはしているのにお互いに相手のツイートなど一瞥もしない、という現象が起こります。

フォロー数やフォロワー数が何百、何千とあっても、結局他人のツイートにはほとんど興味が無いのです。

そして、そこまで「フォロー」という言葉の意味が形骸化しているのであれば、

リムるならフォローするな

という主張も、別段目くじらを立てるほどでもないように思えます。

もちろん、SNSを利用する上で決して健全な態度ではないでしょうが、ネット上には色んな考えを持った人がいるのですから、中にはそういう人がいてもおかしくはないでしょう。

少なくとも、彼らが自分の勝手な「ルール」を押し付けている、などと捉えるのはちょっと大げさではないでしょうか。

【スポンサーリンク】


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ