太りすぎて人生詰んだ人たち5選

あまりに太りすぎていたために、大きな壁にぶち当たった人たちをご紹介します。

多少太っている分にはそれほど問題は無いでしょうが、やはり太りすぎていると、色々な困難に出くわすのは避けられないのかもしれません…。

【スポンサーリンク】

#1  太りすぎて殺せない

パンチ

現在生存している、世界最高の体重記録を持つ女性は、アメリカのテキサス州に住む、マイラ・ロザレスさんです。

一番体重が増えた時期には、何と470kgもあったとか。

そんな彼女が、2008年3月、2才の姪っ子を殺した容疑で逮捕されます。

本人の話によれば、その子の面倒をみているとき、うっかり自分の体でのしかかってしまったのが原因とのこと。

しかし、裁判が始まると、ある疑問が浮上したのです。

医師の報告により、子供の死因は頭部を強打されたことによるものと判明したのですが、ロザレスさんの太りすぎた体格では、どう考えても人を殴るような腕の動きは不可能なのです。

そこで、その点を詳しく追及してみると、彼女は虚偽の自白をしていたことを認めたのでした。

実際には、ロザレスさんの妹が、自分の子供が食事をしないのに腹を立てて、死に至らしめていたのです。

この裁判の顛末は、地元のTV局で、「Half-Ton Killer?(2分の1トンの殺人者?)」として番組で特集され、彼女は一気に時の人になりました。

その後、ロザレスさんはダイエットに励み、現在では2分の1トン近くもあった体重は90kg前後にまで落ちたそうです。

 #2  太りすぎて牢屋に入れない

監房

アメリカ、ヴィクトリア州のシェパートンに住むクロード・ジャクソンは、2007年1月14日、飲み屋での口論から暴行を働き、相手に4cmの裂傷を負わせて逮捕されました。

後の裁判で有罪が確定したものの、一つ大きな問題が生じたのです。

体重190kgもあるジャクソンは、これまで3度も心臓発作を経験し、他にも関節炎や睡眠時無呼吸症候群など、肥満に起因する症状を複数抱えていたのです。

この状態で彼を収監すれば、深刻な問題が発生する恐れがありました。

そこで、苦肉の策として、彼を牢屋に入れる代わりに「社会奉仕」を命ずることで一応の決着を見たのでした。

【スポンサーリンク】

#3  太りすぎて働けない

職探し中

イギリス、ランカシャーに住むショーナー一家は、4人家族なのですが、4人とも定職に就いていません。

その理由はというと、

あまりに太りすぎていて、仕事先が見つからない

というもの。

では生活費はどうしているのかというと、これは政府から公的扶助(年間22000ポンド:約420万円)を受けているのです。

彼らは実に11年間も働いたことがなく、一日中テレビの前で時間を過ごすのだとか。

何故ダイエットしないのか、という疑問をぶつけたくなりますが、それに対しては、

時間が無い

という謎の答えを繰り返しているそうです。

ちなみに、ショーナー一家の食生活は、チョコレートやフライドポテト、パイなどがメインで、一日あたりの摂取カロリーは約3000kcalだとか…。

#4  太りすぎて父親になれない

父親

カナダの首都オタワに住む38歳の男性は、太りすぎていたために、子供の親権を失うという憂き目に遭いました。

体重が163kgの彼には、5歳と6歳の2人の息子がいるのですが、離婚後は別れた妻が二人の世話をしていました。

しかし、彼女が薬物多量摂取で入院したため、子供たちは一時的に里親の元へ預けられたのです。

そこで、彼は子供の親権は自分にあるとして裁判を起こしたのですが、裁判所の判断は厳しいものでした。

彼は、毎日ハードなダイエット・プログラムに取り組んでいたので、それを子育てと両立させるのは困難であるというのが主な理由。

また、過去にマリファナを吸っていたことや、時折手が付けられないほど暴力的になるということも考慮されました。

裁判所の判断に対して彼はこうコメントしています。

俺は子供が好きだから、愛情をもって育てる自信がある。

だから、1度でいいから父親になるチャンスが欲しい。それだけだ

#5  太りすぎて火葬できない

火葬

オーストリアのグラーツにある火葬場で、体重約200kgの人を火葬したところ、多量の「脂肪」を燃やしたことにより火の勢いが強すぎて、火葬場が全焼してしまう危機にさらされました。

消防隊が火を消し止めたものの、その火葬場は数日間は閉鎖せざるをえなかったとか。

グラーツ市では、太った人を安全に火葬できるような、「特製」火葬場の建設を検討しているそうなのですが、実はスイスにはそういった火葬場が既に存在するのだそうです。


というわけで、太りすぎていたために大変なことになった人たちをご紹介しました。

それにしても、「太りすぎて働けない」家族は今後どうするのでしょうね。このままずっと一家全員が働かずに老後を迎えるのでしょうか。

せめてダイエットに向けて何らかの行動を起こすべきだと思うのですが…。

【シポンサーリンク】


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ