睡眠中に忍び寄る悪魔5選

眠っている間に起こりうる恐るべき現象の数々をご紹介します。

1 シャドー・パーソン

影

「シャドー・パーソン」というのは、普通の人からすれば何の変哲もない物体の影が、まるで生きている人間のように感じられる現象、またはその影のことです。

寝ている間に、いわゆる「金縛り」の状態になった場合にこれを体験する可能性があるそうです。

また、覚醒剤の中毒者が、長期間の睡眠不足が続いた後に体験することもあるとか。

「影」の具体的な見え方については、ハッキリと肉眼に人影が映るというより、あくまで本人にとってそのように知覚されると考えられています。

単純に人の形をした影が見えるだけならそれほど害は無さそうですが、シャドー・パーソンの取る「行動」にはいくつかのパターンがあり、攻撃的な言葉を囁きながら首を絞めてくることもあれば、逆にこちらを凝視しているだけで何もしないこともあります。

【スポンサーリンク】

2 モンキーマン

モンキーマン

「モンキーマン」とは、2001年にインドのニューデリーで目撃された謎の生物。

外見は身長130cmほどのサルの姿をしており、全身が黒い毛で覆われ、爪が鋭く、目が赤いのが特徴。

この生物は、人々が寝静まる時間帯になると家の屋根から屋根へと飛び移り、時には屋根を破壊します。

そして、人間を見つけるや否や突然襲ってくると言われています。

実際、蒸し暑い夏の夜に屋外で寝ていた人が、このモンキーマンに襲われる事件が相次ぎ、死者も出ているのです。

地元の警察も事態を重く見て市民に注意を促し、各種メディアでも大きく取り上げられました。

サルが人を襲うこと自体は珍しくはないですが、このモンキーマンが特殊なのは、必ず夜に現れるということ。

その正体は未だに不明ですが、一説には重度の怪我を負って全身を包帯で巻いた「人間」ではないかとも言われています。

3 オーラン・ミニャ

手

1950年代から1960年代にかけて、マレーシアでは「オーラン・ミニャ」と呼ばれる怪異の存在が都市伝説として語られていました。

マレーシア語で「油の男」を意味するその化物は、その名の通り全身が黒い油に覆われており、夜になると寝ている女性を襲うと言われていたのです。

ただ、全ての女性がターゲットというわけではなく、処女であることが条件でした。

これは、オーラン・ミニャ誕生の由来(というか…設定?)と関係しており、ある男が悪魔と契約して、望む物すべてを手に入れられる力を授かる際、7日以内に21人の処女の純潔を奪うことがその交換条件だったからなのです。

このモンスターの噂は、男性経験の無い若い女性たち(特に学生)を実際に恐怖させ、彼女たちの中には襲われるのを避けるため、寝るときには男性のような格好をして寝る人もいたとか。

オーラン・ミニャの目撃談は2000年代に入って徐々に減少していきましたが、2012年に復活し、夜中にパトロールが行われる騒動にまで発展しました。

目撃者の一人の話によれば、その化物は全身が黒くギラギラと光っており、息を荒くしながら屋根の上を登って姿を消したそうです。

【スポンサーリンク】

4 黒い目の子供

子供

「黒い目の子供」は、1990年代後半に広まった都市伝説の一つで、元々は米国テキサス州で、ブライアン・ベセルというレポーターの書いた記事が発端だとされています。

その内容は、ベッドで眠りに就こうとしたときに何者かが家のチャイムを鳴らし(あるいはドアをノックし)、驚いて覗き窓(ドアスコープ)から外の様子を伺うと、そこには青白い顔をしてやせ細った子供が立っているというもの。

そして最大の特徴が、その子供の目が真っ黒であることなのです。

この黒い目の子供たちは、ドアの外で黙って突っ立っていることもあれば、中に入れてくれと懇願することもあったとか。

また、この現象を体験した人は、寝入りばなを起こされるので、時間的な感覚が狂うことがあるそうです。

5 突然眠りに就く村人たち

時計

最後にご紹介するのは、睡眠中に何かに襲われるのではなく、いきなり睡眠状態にさせられるという謎の現象です。

カザフスタン北部の小さな村であるカラチでは、数年前から村人の中に突然意識を失って睡眠状態になる奇妙な症状が見られるようになりました。

一度眠ってしまうと、約6日間は目覚めることが無いそうです。

発症率は決して低くはなく、村人の6人に1人がこれを経験しています。

今のところはっきりとした原因は分かっておらず、有効な治療法もありません。

また、この病気が広く認知される以前、恐らくはこの病気が原因で睡眠状態に入ったと思われる老人が生きたまま埋葬されてしまったという話もあります。

さらに、この症状の特徴として、眠りから覚めると性欲が異常なほど高くなっていることが多いという点が挙げられます。

謎の多い現象ですが、村の近くにある鉱山が1990年代に閉鎖された後もラドンやその他のガスを発し続けているのが遠因ではないかと指摘する専門家もいます。

【スポンサーリンク】


サブコンテンツ

このページの先頭へ