ネットに殺された人々5選

スマホ

ネットに有害な面があるのは誰でも把握しています。

しかし、ネットがもたらす恩恵の方がはるかに大きいので、ネットそのものが問題視されることはほとんどありません。

問題は、ネットに潜む「悪意」にどう対処するかということでしょう。

この点、一般的に子供はネットの影響力に対して脆弱です。

よって、我が子にスマホを買い与えるタイミングは親としては悩みどころ。

さらに、子供だけでなく、場合によっては大人でさえネット上の悪意に屈してしまうこともあります。

(サムネイル:TeroVesalainen/OpenClipart-Vectors/Pixabay)

【スポンサーリンク】

1 生きるか死ぬかを決める投票

選択
Ramdlon/Pixabay

今年、マレーシアのサラワク州で、16歳の女性が自殺しました。

彼女が自ら命を絶つ直接のきっかけになったのは、ネットの投票。

何かに思い悩んでいた彼女は、あるときインスタグラムで自分のフォロワー達に次のような質問をしたのです。

「重要なことだから、決めるのを手伝ってほしい。

生きるべきか、死ぬべきか……」

良識のある人間なら、死のうかどうか迷っている人を目の前にすれば、死なないように説得するのが普通でしょう。

しかし、ネットとなると話は別。

彼女の質問に対し、69%の人が「死ぬべき」という方に投票。

その数時間後に彼女は自殺しました。

マレーシアの法律では、未成年者に対して自殺を教唆した者は、死刑または20年以下の懲役に科せられます。

これはすなわち、人として最悪の投票をした69%の者たちは、刑事罰を受ける可能性があるということ。

近年、マレーシアでは、若い世代を中心に自殺者が増加傾向にあり、深刻な問題となっています。

2 ネットが全てになってしまった男性

iPad
niekverlaan/Pixabay

イングランド北部のヨークに住むジェイク・ブレイスウェイトの生活は、iPadを買ってから一変しました。

自閉症に苦しみ、もともと友人が多くなかった彼は、フェイスブックなどでアカウントを作るやいなや、フレンドを増やすことに躍起になりました。

傍から見るとその様子はまさに中毒状態で、彼にとってはネットの世界こそが全てになったのです。

両親は、ネットの利用時間を制限するなどの対策を取ったものの、ジェイクがネットにハマるのを完全には阻止できず。

ネットのやり過ぎで頭痛に悩まされても彼はネット生活から抜け出せませんでした。

iPad購入から6ヶ月が経過したとき、ジェイクは20歳にして自殺。

純粋すぎる彼には、ネット上に飛び交う悪意に満ちたコメントに精神が耐えきれなかったのだと、彼の両親は考えています。

3 ブルー・ホエール・チャレンジ

くじら
Three-shots/Pixabay

2016年にロシアで自殺した一人の少女。

その子にまつわる噂に端を発し、ある病的な「ゲーム」が作られました。

それが「ブルー・ホエール・チャレンジ」。

SNSを利用して行われるもので、プレイヤーは、ゲームの進行役が毎日一つずつ提供するノルマを忠実に実行していきます。

ノルマの内容は、最初のうちこそ「朝何時に起きる」「ホラー映画を観る」といった他愛のないものですが、それが次第に自傷行為へと変わっていくのです。

ゲームは50日間で終了。

最終日である50日目に出されるノルマは必ず「自殺を決行する」です。

ロシア国内だけで、少なくとも二人の10代の若者が、自殺する前にこのゲームをしていたと考えられており、他にも多数の自殺者につきゲームの影響が問題視されています。

このゲームはベルギーやフランス、イギリスなど他の国にも広まっており、2017年ごろからその危険性を訴える運動も活発化。

イギリスでは、テムズ・バレー警察の捜査により、3人の自殺者がこのゲームのプレイヤーだったと判明しています。

【スポンサーリンク】

4 人を死へ導くチャットルーム

チャット
geralt/Pixabay

ネット上のチャットルームは、自分が関心のある話題などで、多くの人と意見を交わすには非常に便利。

ただ、悪意のあるユーザーが絡んでくると、時に人の命を奪ってしまうほどの危険な面があります。

今から12年前、アメリカのウェブサイト「パルトーク」内のビデオ・チャットルームで、ユーザーどうしの罵り合いが続く中、一人の男性が自殺しました。

亡くなったのはイギリス人電気技師のケヴィン・ウィトリック(42)。

その時、彼が死ぬ瞬間をチャットルームの約60人のユーザーが見ていました。

また、2017年のクリスマスの日、グレゴリー・トムキンスという39歳の左官職人が、パルトークでのビデオチャット中に自殺。

2018年には43歳の男性が、やはりパルトークのビデオチャットをきっかけに自殺。

チャットルームに参加しているユーザーが自殺するケースには、ある共通点があります。

自殺した人たちは皆、何かしら深刻な悩みを抱えており、それをチャットルームで打ち明けていました。

パルトークの利用者の中には、彼らのような弱者を見つけると、その相手をゲーム感覚で自殺に追い込もうとする連中がいます。

そういう者たちは、

「さっさと死ねよ。お前なんて生きる価値ないから」

などといった言葉を浴びせ続け、相手を絶望させるのが常套手段となっていました。

5 インスタグラムの闇

インスタグラム
MIH83/Pixabay

2017年、ロンドンに住む14歳のモリー・ラッセルという女の子が、学校から帰宅し、翌日の準備を整えた後、自殺しました。

遺書として置いてあったメモには、「ごめんなさい。全部私のせい」という走り書きが。

父親のイアンは、娘が何故死んだのかを解明するため、自ら調査を始めます。

そして彼がたどり着いた結論が、インスタグラム。

モリーは、インスタグラム内にある、自殺に関連した画像を見ているうちに、自殺願望が増大していったものと考えられます。

彼女が見ていたと思しき画像の数々は、自傷行為を勧めるような内容のものもありました。

インスタグラムの過激な画像が自殺の引き金になったケースは他にもあります。

2018年1月22日、イギリスのウエスト・ヨークシャーで、アースラ・キーオという11歳の女の子が、学校からの帰宅途中、橋の上から身を投げて自殺。

その少し前、彼女は友人に一通の封書を手渡していました。

手紙
treis/Pixabay

封筒の表には、「6時までは中を見ないで」と一言。

その友人が、指示どおり6時になってから開封すると、胸が締め付けられるような「最後のメッセージ」が書かれてあったのです。

母親のニコラによると、その日の朝、アースラは普通に起床し、特に塞ぎ込んだ様子は無かったとか。

「愛してる」と言いながらニコラにキスするなど、むしろ明るすぎる一面を見せていました。

しかし、午後3時半に、アースラから「愛してる、本当にごめんなさい」という気になるメールが。

その十数分後にニコラは娘に電話しますが、聞こえてきたのは娘以外の人の声。

それは、橋の上に置いてあったスマホを偶然見つけた人の声でした。

ニコラもまた、娘がインスタグラムで衝撃的な画像を見ていたことが、自殺の原因になったと信じています。

その後のインタビューで彼女は、「時間が戻せるなら、娘のスマホを破壊したい」と語っていました。

【スポンサーリンク】