死体の最も奇抜な利用法6選

墓

人間死んだら何もかも終わり…でもなさそうです。

我々が死ねば普通は焼かれて灰になり、骨壷に収まって終了です。

場合によっては臓器提供などを挟むこともあるでしょうが、しかし最後に行き着く状態は大体同じでしょう。

死体を使って何かをする、というのは少なくとも今の日本ではあまり考えられません。

下手すれば死体遺棄罪などの罪に問われる可能性もあります。

しかし、海外では死体を使ってかなり奇抜なことが行われる例がありました。

【スポンサーリンク】

1 死者と記念撮影

写真

ヴィクトリア朝の時代にわずか2年間だけ流行した習慣に、死者の写真を撮る(ポストモーテム写真)というものがありました。

といっても、棺の中に収められた遺体の写真を撮るわけではありません。

正装させた遺体を椅子に座らせ、まるで生きているかのような雰囲気が漂った状態で記念撮影するのです。

ポストモーテム写真

ウィキペディアより)

遺体を立たせたい場合は体を支えるための器具を使っていました。

写真自体の値段が高かったため、始めは上流階級でのみ行われていましたが、写真撮影が普及するにつれてこの習慣も拡大。

当時は子供が亡くなることも珍しくなかったので、この手段で我が子との思い出を写真に残す親が多かったそうです。

2 死者とダンス

ダンス

17世紀からマダガスカルでは数年に一度、遺体とダンスを踊るという風習が続いています。

墓地から死体を掘り起こし、新しい布で全体を包み、それを抱えながら音楽に合わせて墓の周りを踊るのです。

死者の霊魂が完全にこの世を去るのを助ける意味合いがあるのだそうです。

マダガスカルはキリスト教信者が国民の約4割を占めますが、この習わしは宗教的なものとは別の文化的習慣であると見なされ、キリストの教えには反しないと考えられています。

非常にユニークな習慣ですが、時代にそぐわないという意見も多く、近年は次第に廃れてきているようです。

3 遺灰からダイヤモンド

ダイヤモンド

ライフジェム」というアメリカの会社は、火葬された後に残った遺灰から合成ダイヤモンド(メモリアル・ダイヤモンド)を造ってくれます。

遺灰は精製された上でまず人造黒鉛に変えられ、その後いくつかのプロセスを経てダイヤモンドに合成されるのです。

完成したダイヤの指輪には故人の名前が刻まれ、ちゃんと鑑定書も付いてきます。

ちなみに、人間一人の体から約10グラムのダイヤモンドが出来ると言われています。

2007年にこの会社は、チャリティ企画としてルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの遺髪からダイヤモンドを3つ作り、その内の一つはオークションにかけられ、日本円にして約2000万円で売れたそうです。

【スポンサーリンク】

4 死体から石けん

石けん

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツは強制収容所の人たちを殺した後、その死体から取った脂肪を原料にして石けんを製造しているというウワサがありました。

大規模な工場に大量の脂肪が集められ、それをもとに石けんを量産していると言われていたのですが、しかしこの話を裏付ける証拠は未だに発見されていません。

現在では、この話は強制収容所の人たちに恐怖心を植え付けるための手段としてナチが利用していたと考えられています。

ただし、「死体から石けん」という話の全てがウソというわけではありません。

大量生産はしていなかったにせよ、ナチス・ドイツが実際に死体の脂肪から石けんを造ったことは事実であるとされています。

5 死者を石化

骸骨

1792年生まれのイタリア人学者ジローラモ・セガートは、1818年よりエジプトに渡って「ミイラ化」の技術を徹底的に調べ、5年後に帰国してからは独自の死体保存法の研究に取り掛かりました。

そうして生まれた成果が「石化」技術です。

セガートは、化学的な手法によって人間や動物の死体をそのままの状態で完全に石化する方法を発見したと言われています。

しかし、彼は亡くなる前に研究に関連した書類などを全て処分してしまっており、今となってはこの魔法のような石化技術はその多くが謎に包まれています。

6 死体からパンツ

墓地

アイスランドで17世紀に行われていた魔術の一つに「ネクロパンツ」と呼ばれるものがあります。

どういう魔術かというと、まず墓地から死体を掘り起こしてその下半身の皮膚を剥ぎ取り、それを使ってパンツ(今のヨガパンツのようなもの)を作ります。

誰の死体でもいいというわけではなく、必ず生前にその人の了解を得ておく必要があります。

パンツが完成したら後はそれを穿くだけなのですが、恐ろしいことにこれを一度身につけたら最後、自分の肌と同化して体の一部になると言われていました。

そこまでしてこの特製パンツを穿いて一体どんな魔法効果が得られるのかというと…。

実は、このネクロパンツによって金が途絶えることなく舞い込んで大金持ちになれると信じられていたのです。

【スポンサーリンク】