悪夢をもたらす匿名電話5選

電話

未解決事件において重要な鍵を握っているかもしれない奇妙な電話をご紹介します。

当サイトでも海外の未解決事件を色々と取り上げてきましたが、そういった事件に不気味な要素を添えるものとして、「匿名の電話」が挙げられます。

その電話によって、犯人逮捕につながる情報が得られることもあれば、逆に、不可解なメッセージによって難事件がさらに謎めいたものになってしまうことも。

そして場合によっては、事件の関係者に悪夢をもたらすこともあります。

【スポンサーリンク】

1 「川の下流にいる」

女性

米国バーモント州バーリントンに住むウィネガー家には、1979年に入ってから幾度となく嫌がらせの電話がかかるようになりました。

電話の主が攻撃対象にしていたのは、ウィネガー家の末娘である17歳のセリンダ・ジーン(通称シンディ)です。

電話があまりに頻繁にかかってきたため、シンディの両親はやむなく電話番号を変更することに。

しかし、これで問題解決とはなりませんでした。

女性

1979年3月21日、友人と会うために出かけたシンディが、そのまま姿を消します

彼女の両親はすぐに警察に相談しましたが、シンディと両親の仲が上手くいっていないという事実を知った警察は、単なる家出であると判断。

彼女の両親も多少はその可能性を認識していたようですが、しかし、シンディが失踪した直後、身元不明の男から奇妙な電話がかかってきました。

「娘に会いたいか」

「彼女はウィヌースキー川の下流にいる」

これだけを伝えて、相手はすぐ電話を切りました。

緊急事態を思わせる発言ですが、それにも関わらず、この電話の内容を聞かされても警察はウィヌースキー川を捜索していません。

そしてシンディの失踪から2年後、彼女の父親の葬儀が行われている最中に、その様子を少し離れたところから見つめるシンディの姿に彼女の叔母が気づきます。

ところが、奇妙なことに他の参列者の中にシンディを見た者はいなかったのです。

この他にもシンディの目撃談はいくつかあるものの、彼女の行方に関する決定的な手がかりは何も得られず、この事件は現在も未解決のままとなっています。

2 「絶対に彼女を見つけることはできない」

女性

米国ロードアイランド州ウーンソケットに住むカトリーナ・マクベイ(27)には、3人の子供がいたものの、彼女に親権はありませんでした。

その背景には、彼女が送っていた過酷な生活があります。

カトリーナは夫からの暴力に耐えきれず家を飛び出し、その後はストリートで娼婦として生活

さらに、ドラッグにも手を出し、生活は荒れる一方でした。

1992年5月3日、カトリーナは、車に乗るところを目撃されたのを最後に、消息がつかめなくなります。

車

彼女の特殊なライフスタイルが原因で、両親はカトリーナが失踪してから6週間も経ってようやく異常事態に気づき、警察に相談。

警察が真っ先に疑いの矛先を向けたのは、カトリーナの夫であるリチャード・マクベイです。

彼はカトリーナの母親に電話をかけ、彼女の死体がブラックストーン・リバーのそばに埋められていると話していました。

川

リチャードがカトリーナを殺害したのかどうかは分かりませんが、彼女の失踪に何らかの関わりがある可能性は高いでしょう。

電話のことを知ったカトリーナの兄が実際に川のそばを調べてみると、カトリーナが着ていたと思しきシャツを見つけたのですが、それが本当に妹のものかどうかの確信は持てませんでした。

それからしばらくして、カトリーナの母親が聖書の勉強会に参加した際、そこにリチャードの姿があることに気づきます。

聖書

自分の娘を殺したかもしれない男を目の前にして、恐らくは複雑な心境でいたであろう彼女に対し、追い打ちをかける出来事が。

勉強会の最中、何者かがその場所に電話をかけ、カトリーナの母親にメッセージを残したのです。

そのメッセージの内容はというと…。

「絶対に彼女を見つけることはできない」

リチャードは警察から事情聴取を受けましたが、カトリーナ失踪についての関与を否定し、また、勉強会のときに彼女の母親へ電話した記憶も無いと語りました。

その結果、この件に関してリチャードが罪を問われることは無く、その後彼は肺ガンで亡くなっており、真相は完全に闇に閉ざされてしまったのです。

3 消えた若い看護師

病院

米国カリフォルニア州で看護師をしていたドナ・ラス(25)は、1970年9月6日、午前1時40分に病院を出たきり行方が分からなくなりました。

翌日、彼女が住むアパートの家主と彼女の上司に対し、匿名の人物から電話があり、次のように告げます。

「ラスはしばらく町を離れねばならない」

しかし、彼女の車はアパートの外に停めたままになっており、電話の内容が真実でないことはすぐに明らかとなりました。

捜索が行われた結果、ラスが身に付けていたと思われるサングラスが発見されたものの、死体は見つからず。

その後、地元の新聞社にゾディアック・キラーから一枚のハガキが届きます。

ゾディアック・キラーとは、当時北カリフォルニアを中心に犯行を繰り返していた連続殺人犯で、暗号が書かれた手紙を新聞社に送るという特徴があります。

ゾディアック

ハガキの内容は、ラスがゾディアック・キラーの犠牲になったことを伺わせるものでした。

ところが、このハガキは、ゾディアック事件を担当していた捜査官がでっち上げたものであることが後に明らかになっています。

つまり捜査機関は、ラスの失踪事件とゾディアック事件とを作為的に結びつけようとしていたのです。

ゾディアック・キラーが無関係だとすると、彼女は別の誰かに連れ去られたのか。

また、電話をかけてきた人物は何者なのか。

これら全てが現在も謎のままとなっています。

【スポンサーリンク】

4 「126040」の意味

家

1976年1月30日の夜、ニュージーランドのオークランド郊外にあるヘンダーソンという町で、トレイシー・アン・ペイシェントという13歳の少女が友人宅を訪れていました。

彼氏の話題などで盛り上がる中、彼女はボーイフレンドからもらった指輪を自慢げに見せていたとか。

午後9時になり、トレイシー・アンは自宅の母親に電話をかけ、あと30分ほどで帰宅すると告げます。

その後、家を出た彼女は友達と一緒に自宅に向かって歩き始め、途中、交番のある交差点でその友達と別れて一人になりました。

交差点

友人宅からトレイシー・アンの家までは、徒歩で25分程度ですが、10時を過ぎても彼女は帰宅せず

彼女の家族は心配になって近所を探しますが、手がかりはありません。

翌朝、警察の捜索によって、自宅から約10km離れた公園に彼女の死体が捨てられているのが発見されます。

公園

犯人は、ストッキングを使って絞殺していました。

また、その死体からは、彼女のお気に入りだった指輪が無くなっていたのです。

この事件はヘンダーソンの住民を不安に陥れ、警察にとって犯人逮捕が急務となります。

しかし、有力な証拠がなかなか得られないため、情報提供を呼びかけるホットラインを警察が設置。

そして、1978年11月、事件発生から22ヶ月経って、ある男性から匿名の電話が。

それによれば、オークランド西部のアヴォンデールにある薬局のゴミ箱に、トレイシー・アンの指輪があるとのこと。

指輪

また、その男性は、「126040」という番号が事件と関わりがあるという意味深な情報を提供。

そして最後に、「また電話する」と言い残して電話を切りました。

その謎の男性の情報に従って警察がゴミ箱を調べると、トレイシー・アンの指輪を発見。

しかし、その男性が電話をかけてくることは二度とありませんでした。

事件発生から40年以上が経過し、その間に800人を超える被疑者が浮上して、市民から多数の情報が寄せられたものの、真犯人の特定には至らず。

何より、「126040」という番号の謎は未だに誰も解明出来ていません。

5 オペレーターと謎の男の奇妙な会話

ダンサー

米国イリノイ州ウィーリングに住むジェイミー・サントス(27)という女性は、両親の家からほど近い場所に家を持ち、ダンサーとして生計を立てていました。

1991年10月27日の夜、体調がすぐれないために彼女は仕事を休みます。

その翌日、午前11時30分ごろ、警察に次のような通報がありました。

オペレーター:「こちら911番、緊急呼び出し」

:「ウィーリングのストーンヘッジ・コート1765番地に至急誰か寄こしてくれ。若い女性がいて、息をしていない。顔色も青い」

オペレーター:「分かったわ。少し待って」

:「早くしてくれ、時間が無い!」

オペレーター:「ストーンヘンジ1765番地ね?」

:「ストーンヘッジだ。ヘッジ」

オペレーター:「あなたの電話番号は?」

:「分からない。公衆電話だ」

オペレーター:「こちらの管轄はバッファローグローブなの。ということは、あなたは今バッファローグローブからかけているのよね?」

:「そうだ」

オペレーター:「あなたがその女性の家にいたのはいつ?」

:「じゃあな(電話を切る音)」

約5分後、救急医療班が件の住所に到着し、家の中に入ってみると、寝室の床で女性が倒れており、息をしていませんでした。

すぐに病院に運ばれたものの、その女性は程無くして死亡。

検死結果によると、死因は窒息死でした。

さらに、警察が調べたところ、電話の男はサントスの家から約3km離れた酒店の公衆電話から通報していました。

電話

この電話にはいくつか奇妙な点があります。

まず、オペレーターでも聞き間違えるような住所(ストーンヘッジ)について、男は正確に知っていたということ。

ストーンヘンジ

〈ストーンヘンジと一字違いの住所〉

親しい間柄であっても、相手の住所を正確に記憶している人はほとんどいないでしょう。

また、電話の男がサントスの家を訪れ、彼女が倒れているのを偶然発見したのなら、家の中の電話を使えばよいのに、何故わざわざ3kmも離れた場所から通報したのか。

逆に、電話の男が犯人だとすると、逮捕されるリスクを犯して自分から通報した理由は何か。

これらの謎については未だ答えが出ておらず、犯人も逮捕されていません。

【スポンサーリンク】