プロポーズされたためにクビになった女性

プロポーズ

今年の5月、中国東方航空の旅客機内で、印象的なプロポーズが行われました。

プロポーズされたのは、機内で職務についていたフライトアテンダントの女性

飛行機が離陸してから約30分後、一人の乗客として乗っていた、付き合って4年になる彼氏が突然、片膝をついて彼女に向かって指輪を掲げたのです。

機内はにわかにロマンチックな雰囲気に包まれ、それを見ていた他の乗客の中には、スマホで動画を撮影する人も。

もちろん、彼女は仕事中に彼氏からプロポーズされることなど全く予想していませんでした。

周りで二人を見守る人たちも完全に祝福ムード

彼氏の方も、他の乗客におじぎをし、プロポーズは(一応)成功しました。

と、ここでこの話が終われば良かったのですが、世の中そう上手くはいかないものです。

その後、彼女の元には会社から解雇通知が。

理由は、乗客の安全に対する配慮を欠いたから。

機内でプロポーズなどを行ってしまうと、他の乗客のテンションが上がって騒ぎに発展しかねないというわけです。

これに対するネット上の反応は分かれました。

人生における最も幸せなイベントの一つがあった直後に解雇するというのは、酷すぎるという意見もあれば、プライベートを仕事に持ち込むべきではないという意見も。

プロポーズの件について彼女は何も知らなかったわけですから、責められるべきは彼氏の方であり、その女性が解雇されるのは、やはり理不尽なように思いますが…。

【スポンサーリンク】

女性からプロポーズした後に待っていた悪夢

カップル

公衆の面前でのプロポーズは、上手くいけば最高の思い出になりますが、失敗に終わった場合はトラウマを残しかねません。

今年の1月、ナイジェリアのショッピングモールでデートしていた一組のカップルに、そういう悲劇が訪れました。

二人で歩いているとき、彼女の方がいきなり片膝をつき、指輪のケースを差し出して、彼氏にプロポーズしようとしたのです。

ところが、彼氏の方は、それに全然気づいていないといった様子で、どんどん先に歩いていきます。

彼氏のガン無視にもめげず、彼女はプロポーズをなんとか成功させようと必死にアピール。

その様子を見た彼氏が、さすがにこのままではマズイと思ったのか、ようやく彼女の方へと引き返します。

そして、彼女の体を優しく抱きしめました。

プロポーズ成功

…ではありません、残念ながら。

その彼氏は、彼女の耳元で何かを囁くと、指輪のケースを持って立ち去りました。

そして泣き崩れる彼女

一体彼氏は何を囁いたのか。

彼女の知り合いが自らのフェイスブックで公表した内容によると、その男性は、

「俺、実はもう結婚してるんだ」

と言ったのだとか。

ネット上では、彼女に同情する声もあれば、「片膝をついて指輪を差し出すのは、そもそも男がやることでは?」などといった意見もありました。

いずれにせよ、この女性は、プロポーズのタイミングだけでなく、結婚相手の選択も誤っていたようです。

【スポンサーリンク】