50記事を書いて訪問者ゼロ

ま、予定通りだけどね!

誰も訪れないサイト

廃墟

世の中の様々な「」を探して記事にしようと思い立ち、ブログを始めたものの今のところ訪問者はほぼゼロ

何かのブログで、50記事を超えるまでは訪問者数など気にしてはいけない、と書いてあった。

50記事を超えた辺りから少しずつPVが伸びてくる、と。

そして、100記事を超えると検索結果からの流入が目に見えて増えてくるとも書いてあった。

今の自分には全くの夢物語である。

ごく稀に、1人くらいの訪問者があるが、平均すればほぼゼロである。

ブログを書いている以上、読まれないよりは読まれた方が良いわけだが、50記事を超えた今、早速心が折れかけている。

いっそのこと、誰にも読まれない奇妙なブログを目指そうとさえ考え始めてしまっている。

それはそれで何だか面白そうだ。

では、「誰にも読まれないブログ」のメリットとは何だろうか。

何を書いても誰も見ないわけだから、本当の意味で好きなことを書けるということだろうか。

どれだけ攻撃的な文章を連ねたところで、誰も不愉快にさせることが無い。

誰にも気を遣わなくてよいのだ。

考えようによってはなかなか良いのではないだろうか。

かなり歪んだ考え方だが…。

僕からすれば、1日の平均PVが数百という人は超人に思える。

1日数千などという人はもう「」である。

信じられないことに、世の中には1日数万の訪問者があるブログさえ存在する。

そういう人は「超神」というか、もう「宇宙そのもの」といった感じだ。

自分でも何を書いているのかよく分からん。

それくらい凄い。

【スポンサーリンク】

これでも「賢威」使ってるんですよ(爆笑)

SEO

ちなみにこのブログはSEOに強いとされる「賢威」を使って書いている。

この事実から一つ明らかなのは、「賢威」は下らないブログに訪問者をもたらす魔法のようなテンプレートではないということである。

記事の質が高くて初めて真価を発揮するのが「賢威」なのだろう。

そうなると、僕は結婚できる見込みもないのにダブルベッドを買ったようなものだろうか。

例えがイマイチだな…。

いや、このイマイチな例えも別段気にする必要は無いではないか。

今書いているこの文章も誰の目にも触れないのだから。

そういう意味では、やはり「誰にも読まれないブログ」というのもそれほど悪くはないかもしれない。

さて、問題はこのままこのブログを続けるかどうかだ。

とりあえず100記事達成するまでは頑張ってみようと思う。

100記事を書いて訪問者がゼロだったらいよいよ「誰にも読まれないブログ」の完成形である。

そうなると、もう本当の「日記」という他ない。

ノートに書く日記は家族の誰かに読まれたりする可能性があるが、このブログはその点ノートに書くより安全かもしれない。

誰にも読まれないブログを書く者のみに与えられた、最強のセキュリティが手に入るのだ!

何だかワクワクしてきた。

こうなったら、誰にも読まれないまま、1000記事くらい書くか、クククク…(狂気)。

【スポンサーリンク】


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ