マクドナルドで起きた驚くべき事件5選

マクド

I’m lovin’ it.

全くどうでもいい話ですが、僕は無類のマクドナルド好きです。

時々、無性に食べたくなって、吸い寄せられるように店に入って行きます。

そんなときによく注文するのが、ダブルチーズバーガーシャカチキポテトマックシェイク

これだけで軽く1000kcalを突破しています。

ハンバーガー

多分、こんなメニューを頻繁に食べていたら、あまり健康によろしくないでしょう。

しかし、それが分かっていても止められない。

毎日食べてもいいとさえ思います(食べないですが)。

今回は、そんなマクドナルドで起きた驚きの事件の数々をご紹介します。

【スポンサーリンク】

1 馬に乗って颯爽と現れた客

馬

2013年7月20日、イングランド北西部のグレーター・マンチェスターで、マクドナルドのドライブスルーに、馬に乗った女性客が現れました。

車に乗って利用できるのなら、馬に乗っても利用できるはず。

おそらく彼女はそう考えたのでしょうが、普通のドライブスルーが馬に対応できるはずもなく、彼女は注文を拒否されました

しかし、納得のいかないその女性は、馬を引き連れてそのまま店内に入って行きます

ハンバーガーを頬張っていた客たちは、いきなり現れた馬に面食らったことでしょう。

客を驚かせたのはそれだけではありません。

その馬は、店内を徘徊しながら豪快に脱糞していったのです。

その後、警察官が店に到着し、問題の女性には罰金刑が科されることに。

この珍事を受けてマクドナルド側は、ドライブスルーでは馬に乗った客にはサービスを提供しないことを改めて明言しました。

2 「ビッグマックを2つ。タダでちょうだい」

ハンバーガー

2013年、米国フロリダ州ニューポートリッチーで、マクドナルドのドライブスルーにやって来たキンバリー・ウォーマックという女性が、本当に言い放った台詞がこれ。

一体何をどう解釈して、ビッグマックがタダで貰えると思ったのか。

ウォーマックによれば、彼女が以前食べたマクドナルドのハンバーガーが美味しくなかったので、その埋め合わせとして「無料バーガー」を要求したとのこと。

このとき接客した店員は、おそらく「ヤバイ客が来た…」と思ったことでしょう。

その店員は、「今はモーニングメニューの時間帯なので、ビッグマックは無いんです」と切り返し、とりあえず諦めさせようとします。

するとウォーマックは、

「じゃあ、エッグマックマフィンを2つ。タダで」

と、しぶとく食い下がります。

この妙なやり取りがなされている間、ドライブスルーで順番を待つ車の列はどんどん長くなっていきました。

いつまで経っても埒が明かないので、店側が警察に通報。

警察官が駆けつけ、ウォーマックに呼気検査を行ってみたところ、かなりのアルコールを飲んでいることが分かりました。

その結果、彼女は「飲酒運転」で逮捕されることとなったのです。

3 危険すぎるハッピーセット

ミニオン

マクドナルドのメニューの中で、特に子供に人気のあるものといえば、おもちゃが付いてくることでお馴染みのハッピーセットです。

これを注文するとき、「おもちゃを注文したいのだけど」という客は、ほとんどいないでしょう。

普通は、「ハッピーセットが欲しい」と言えば済む話です。

しかし、米国ペンシルベニア州ピッツバーグにあるマクドナルドの某店舗では、「おもちゃを注文したい」というのが、ある危険な物をゲットするための合言葉になっていました。

その危険な物とは、ヘロインです。

この店で働くシャニア・デニス(26)は、ドライブスルーで客から注文を受ける際、その客がこの合言葉を言ったら、ハッピーセットのおもちゃが入った箱の中に、ヘロインを忍ばせていたのです。

ハッピーセットを薬物取引に利用していたこの事実が発覚すると、デニスは薬物所持など複数の罪で逮捕されました。

4 最速でクビになったバイト君

時計

マクドナルドの長い歴史の中で、最も短命に終わったバイト君は、一体どれくらい働いた後にクビになったのか。

答えは、1時間です。

今年の4月、イギリスのマクドナルドで働いている16歳の高校生が、「Mishka2D」というハンドルネームで、自分が出会った変なバイト君の話をネットに投稿しました。

それによると、新しく入ったバイト君がレジカウンターで注文を受けているとき、その人物は目の前の客に向かっていきなり、

「何ジロジロ見てんだよ」

と、衝撃の一言を発したのです。

その客は、店員が注文を聞いてくるのを単に待っていただけでした。

そんなごく普通の客に対し、堂々と暴言を吐いたそのバイト君は、その場でクビに

そして恐らくは、これが最も短期間でクビになったマクドナルド店員となっています。

マック

客に見られただけで即ギレするという、仕事をナメているとしか思えないバイト君がいる一方で、米国インディアナ州にはそれとは真逆の従業員がいます。

94歳のロレイン・マウラーさんは、何と1973年から44年間同じマクドナルドで接客をしているのです。

そんな彼女は、地元で超が付くほどの人気者。

マウラーさんの方も、店に来る客のことなら何でも知っていると豪語しています。

彼女にとっては、彼らは単なる客ではなく、友人や家族に近い存在なのだとか。

ちなみに、マウラーさんは、近いうちにこの仕事を辞めようなどとは微塵も考えておらず、仕事がある日は必ずハンバーガーを食べるほどマクドナルドを愛しているのです。

5 客に熱湯をかける店員

トルコ

マクドナルドは世界中で事業を展開していますが、国が違えば店内で起きる事件もかなり異なってきます。

今年に入って、トルコのイスタンブール市ニシャンタシュ地区にあるマクドナルドで、店内にいた小さな男の子に、女性店員が熱湯をぶっかけるという事件が起きました。

詳しい事情は分かっていませんが、その男の子が、トルコとの関係が悪化しているシリア出身だったことが関係しているのかも知れません。

2015年1月には、バーガーキングでもこれと類似した事件がありました。

他の客が食べ残したポテトをつまみ食いしたシリア人の子供が、店長によって暴行を加えられたのです。

【スポンサーリンク】