最も不気味な森5選

森

一人で足を踏み入れるには怖すぎる、気味の悪い森をご紹介します。

日本で最も不気味なイメージを持たれている森は青木ヶ原(富士の樹海)かもしれません。

一度入ったら出られない」とか「自殺の名所」などと言われることが多い場所です。

しかし、実際は青木ヶ原だけが特に迷いやすいということはなく、自殺者の数も減ってきているので、若干イメージが一人歩きしている感じはあります。

一方、海外で不気味な森というと、霊に取り憑かれているという言い伝えがあったり、何らかの超自然現象と結び付けられているケースが多いようです。

【スポンサーリンク】

1 曲がった森

森

ポーランド西部に位置するノベ・ツァルノボ村の近くには「曲がった森」と呼ばれる森があります。

約400本の松の木が植わっているのですが、奇妙なことに全ての幹が北に向かって90度折れ曲がっているのです。

これらの木は、この地がまだドイツ領だった1930年代に植えられました。

どうやったらこんな風に曲がるのかという点については、自然現象ではなく何かしらの道具を使って人の手で曲げられたと考えられています。

となると、残る疑問は当時のドイツ人は何故わざわざ木をねじ曲げたのか、ということですが…。

これについては未だに完全には解明されていません。

一説には、家具やボートなどの材料として利用するためだったのではないかとも言われています。

2 叫びの森

世界には「呪われた森」なるものがいくつか存在しており、有名なところではルーマニアのホィア・バキュの森や米国コネチカット州のダドリー・タウンの森などが挙げられます。

どちらの森も、怪しげな光死者の霊などの目撃例が多数報告されています。

そして、イギリスで最も呪われた森とされているのが、ロンドン南東部ケント州にあるデリング・ウッズ、別名「叫びの森」です。

叫び

霧の日にこの森を訪れると、人気が無いのに話し声足音が聞こえ、夜中になると叫び声を耳にすると言われています。

その原因とされているのが、過去にこの森で遭難した人や、残忍な殺され方をした人たちの怨念

1948年11月1日には極めて不可解な事件がここで発生しました。

森の近くのモルトマンズ・ヒルからやってきたと思われる人たち20人の死体が発見されたのです。

その内11人は子供でした。

奇妙なことに死体には外傷が全く見られず

また、事件のあった日の夜、森から不気味な光が移動するのを見たという人もいました。

検死の結果、死因は「一酸化炭素中毒」だと判明しましたが、森の中での死因としては不自然です。

さらに、1998年10月には4人の大学生がこの森で失踪する事件も起きていますが、彼らは遂に発見されることは無く、真相は闇に包まれています。

3 シェルターの森

シェルター

ドイツで森の中を歩いていた男性が、地面から妙なパイプが2本突き出ているのを偶然見つけて側に近寄ってみると、そこには地下シェルター(バンカー)への入口がありました。

中へ入ってみると、重く頑丈なドアが破壊されており、その先には無限に続くかのような長い通路が。

壁や床はかなり老朽化が進んでいる様子でした。

シェルター

さらに進んで行くと、どうやら先客が書いたと思しき落書きを所々で発見。

全体としてはかなり広いエリアで、中には迷路のように入り組んでいる箇所もあります。

(imgur内にある実際の画像へのリンク

それにしても、具体的にどういう目的でこのシェルターが建設されたのか、また内部が破壊された形跡があるのは何故なのか、などの点については謎のままです。

【スポンサーリンク】

4 野生児の森

森

オーストラリアのニューサウスウェールズでは、人語を解さない野生児が潜む森があるというウワサが長年広まっていました。

実際にそのような子供を見たという体験談も複数あったのです。

これもまた幽霊か何かの類が原因かと思いきや…。

実は本当にいました、野生児が

そしてある意味、幽霊よりも恐ろしい真実が待っていたのです。

子供

2012年から目撃証言を元に本格的な調査が行われた結果、約40人からなる大所帯の一家が森の中で発見されました。

彼らは4世代に分かれており、粗末な小屋を建てて非文明的な生活をしていたようです。

元々は20世紀前半にニュージーランドで暮らしていた二人の兄妹が、1966年から様々な地域を転々としつつ、血縁関係にある者だけで子孫を増やしてきたのです。

彼らのほとんどは言葉が通じず、また子供に至っては遺伝的要因からその外形に深刻な問題を抱えていました。

調査隊を率いたピーター・ヨーマンズは発見当時のことを「それまでに見たことも無い光景だった」と語っています。

5 呼吸する森

根っこ

2015年10月、ネット上に一本の不気味な動画が投稿されました。

ブライアン・ナトールという男性が撮影したもので、一見すると森を散策しているときに撮られたごく普通の風景なのですが、よく見ると地面が大きく上下に揺れているのです。

まるで森が呼吸しているかのように。

 

これは、カナダのノバスコシア州アップルリバーの森で捉えられた珍しい現象で、その原因を巡って色々と憶測が流れました。

中には森が人間を喰らおうとしている、などといったオカルト的なものもありました。

しかし現在ではこの現象は、おそらく強い風が吹いたときに地表付近の根っこが地面を持ち上げているのではないかと考えられています。

【スポンサーリンク】